2015年4月2日木曜日

猫ちゃんの室内飼育をすすめるステッカーを作りました(by日本愛玩動物協会 徳島県支部)



先日、徳島県の動物愛護推進協議会がありまして。

2月末時点での平成26年度の犬猫の殺処分当数が各800頭弱。

年度末の合計で、多分1600〜1700頭弱になりそうとのことでした。

1500頭が目標だったと思うので、若干、多かったけど、

前年の2290頭よりは、かなり減りましたし、

犬も猫も1000頭を切ってくれたのがすごく嬉しいです。


センターのスタッフの皆さんや、協力されているボランティアさんのがんばりの

おかげだと思います。ありがとうございます(T_T)


ただ、徳島県が目指す「殺処分0」まではまだまだ険しい道のりが残ってます。

特に、ワンちゃんの処分数の減りに比べて、猫ちゃんの減りがやっぱり鈍いです。

ワンちゃんは狂犬病予防法で「放浪犬は捕獲しなければならない」と法律で決められてます。

猫ちゃんにはそういう法律がないので、放浪してる猫を減らす法的な縛りがありません。

猫を飼う人、猫に関わる人(エサあげたりとかね)、それぞれが

野良猫を増やさないというキモチ」をしっかり持たないと、減らないんですね。


そのためには、猫は家の中で飼う(放浪させない)とか、避妊去勢をするとか、

無責任にエサをあげないとか、やるべきことはあるのですが。

まあ、ちゃんと飼ってる方には普通のことなんですけどね。


「猫は放浪するもの」とか「手術なんてかわいそう」とか。
「お腹すいてるのにエサやってなにが悪いん?」とか。

そんな感じに思ってる方も普通に多いワケで。


そういう方に、頭ごなしに「室内飼育せなあかんで!」と言っても、

わりと高い確率で「なんでやねん!」と反発されるんじゃないかと。

人の行動を変えるには、

「その行動をすることで起こるメリット」<「その行動をすることで起こるデメリット」
「その行動をしないことで起こるメリット」>「その行動をしないことで起こるデメリット」

を理解(納得)してもらう必要があります。


そんなワケで、(公社)日本愛玩動物協会・徳島県支部で、

<メリット>
「室内飼育することで、猫ちゃんを交通事故や伝染病や虐待から守れますよ」
<デメリット>
「外に出すと、交通事故や伝染病や虐待で死にますよ」

ということを伝えられるようなステッカーを作りました。


上の写真の左側がマグネットタイプ、右側がシールタイプになります。


貴重な支部予算を使って作ったので(笑)

できれば「必ずどっかに貼ります」という方に差し上げたいと思っています。


うちのお店(あにまるわいやーど)でも配っていますし、

愛護センターさんで譲渡会に来られた方に配ってもらっています。

目立つとこ貼るよ〜!という方、いらっしゃいましたら、

センターさんか、うちのお店に来てくだされば、無料で差し上げます。

(センターさん、お忙しいと思うので、できればうちのお店に来てください)



0 件のコメント:

コメントを投稿