2017年9月10日日曜日

トイプードルちゃん8頭ご予約が入っても大丈夫♪

昨日は、トイプードルちゃんばっかり8頭

トリミングに来てくださいました♪

でも、11時前からスタートで
(10時のご予約の方が45分ほど遅れたのでちょっと焦りました(^^;))

夕方6時30分には最後のワンちゃんの

トリミングが終わってました。


(イメージ写真)


トリマー(私)1人、
見習いトリマー(体のカットのみ)1人、
ベイザー(社長:ドライヤーとバリカンの達人)1人。

この3人で、休憩除いて6時間で8頭。

土曜日だったので、お買い物のお客さまや

お電話も多かったので、、、

うん、まあまあ良いペースでできました♪


数日前から、新人のトリマーのコが入って、

お掃除や保定をしてもらいながら

仕事の流れを見て覚えるというのを

やってもらっているんですが、

前の職場にくらべて「仕上がりが早い!」と

驚いてました(笑)。


なぜ早いかというと、いくつか理由があります。

その1つは、

あにまるわいやーどは、ワンちゃんの健康に

トコトンこだわったペット美容室なので、

健康を害するようなことは、基本的に”しない”

と決めて、必要ない作業を削っています。


たとえば、最近ずっとこのブログで

バイキン対策のためには、

”皮膚&毛”のバリアが大事!!

と書いてきました。


だから、肉球の間(奥)の毛は

足の裏を守るために、剃らないほうがいいのです。

でも、肉球に毛が被ると、足がすべりやすくなって

関節に負担がかかるから、肉球の表面に出ている毛、

すぐに伸びてきそうな毛はキレイに剃ります。


でも、奥までツルツルにはしません。

それをすると、肉球の間の柔らかい部分が無防備になるし、

柔らかい皮膚にバリカンの刃をあてると

皮膚に負担がかかります。


ムダ毛処理やヒゲ剃りのあと、皮膚がかゆくなること

ありませんか?

ワンちゃんだって同じです。

よく足を舐めてるコは、バリカンの剃りあとが

かゆいケースも多いです。



なので、処理は必要最低限だけ。

専門学校や、修業時代の先輩トリマーさんから

「肉球の中までツルツルに仕上げなさい!」

と言われて、ずーっとそれを守っているお店も

あるかもしれません。

でも、それをすることで、

皮膚は傷めるし、時間はかかるし、、、

なら、する必要ないですよね。


そういう、ワンちゃんの体に負担がかかるだけで

やる必要のない作業をやめて、

道具も使いやすく安全性の高い新しい製品を入れて

(最新のコードレスバリカンを使ってますが
 使い易すぎて、もうコード有りには戻れません!!)

無駄な時間をどんどん削っています。



もちろん、技術的にも

より早く安全にできるように、

日々、研鑽しています。


トリミングが早く終わると、

ワンちゃん自身も楽なんですよね~。

あるコッカプーの飼い主さまは、

「前のお店だとトリミングから帰ってきたら
 ぐったりしてたんだけど、
 ここだと、遊びに行く元気があるんですよ~。
 だから、トリミングのあとに、ご褒美に
 公園に連れて行ってあげられます♪」

とおっしゃっていました。


作業短縮、道具、のほかにも

いろんな工夫を重ねて、

ワンちゃんの負担を減らしながら、

キレイにかわいく仕上がるように

がんばっています♪






☆☆ 愛犬のための健康講座 開催日程 ☆☆




0 件のコメント:

コメントを投稿