2017年10月28日土曜日

ワンちゃんが飼い主さんの顔を舐めるのは愛情表現だけど・・・

こんな記事を見かけました。

犬が服従しているときに見せる4つの仕草

記事によると、ワンちゃんが服従していれば

下の4つの行動をするとのこと。

1.お腹を見せる
2.円を描くようにゆっくり近付く
3.伏せをする
4.顔を舐める

うちの犬たちは、2はあんまりしないですねぇ。

近づいてくるときは、

しっぽをフリフリしながら、

体をくねくねさせて寄ってきます(笑)。

かわゆい♥


それはいいとして(笑)。


4の顔を舐める行為ですが。

確かに愛情表現なんですよねー。

なので、あまり止めたくはないのですが、

これだけは、やらせないでください。

それは、人の「口を舐める」行為。


人間の赤ちゃんにキスしたり、

お箸を共用したりすると

赤ちゃんが虫歯になるので、

しないようにと言われてますよね。



ワンちゃんが飼い主さんの口を舐めると、

それと同じことが起こります。

赤ちゃんは、まだ自分の虫歯菌を持ってないので

親からうつされるだけですが、

犬と人だと、お互い口のなかに

いっぱい菌を持ってるので、

それをやりとりすることになります。


うわぁ~、想像しただけで

背筋がぞわぞわします(^^;)


うちの犬たちも、嬉しいと

顔を舐めにきますが、

ほっぺたとアゴは、一応OKに

していますが、口はNGです。

絶対に舐めさせません。

ほっぺとアゴも、あまりしつこくは

舐めさせません。

キレイなもんじゃないですからね。


お客さまのワンちゃんで、

お口を舐めにこようとするコ、

結構いるのですが、

アゴかホッペを舐める位置に

顔を動かしています(笑)。

私の口のバイキン、うつせないですからね!


もし、おうちのワンちゃんが

よくお口を舐めにくるようでしたら、

できれば舐めさせないほうが

お互い長生きできると思います♪





☆☆ 愛犬のための健康講座 開催日程 ☆☆




0 件のコメント:

コメントを投稿