2017年8月18日金曜日

キス、トイレットペーパーの三角折り、歯周病でガンになる!?

ここのところ、立て続けにこんな記事を見ました。


やっぱり! トイレのペーパー三角折は不衛生

キスでうつるガンもあります

日本ではほとんど語られない、歯周病とがんの恐ろしい関係


雑菌(歯周病菌)やウィルスって、


たぶん皆さんが思っている以上に

体に影響を与えています。


皮膚の常在菌や腸内細菌みたいに

健康にしてくれる菌もいるけど

悪さをする菌もいます。

(免疫力が普通に働いているときは悪さしなくて
 免疫力が落ちると悪さをするっていうのもいます)


で、たぶん皆さんが思っている以上に

ガンの原因になってます。


ガンができる仕組みって、基本的に

雑菌・ウィルスが感染する
免疫細胞がそれと戦う=炎症
  細胞が死ぬ
細胞を補充するため細胞分裂
分裂するとき一定確率でミスコピー
ミスコピーした細胞がガン化

っていう流れなので。

(厳密にはガン化した細胞を免疫細胞が
 やっつけるっていう行程がありますが、
 雑菌・ウィルスが多いと
 ガン細胞まで手が回らなくなるという
 悪循環が起こります)

なので、歯周病菌に限らず、

雑菌・ウィルスには注意したほうがいいのです。


予防するときに押さえておくポイントは、

・血液体液には、雑菌・ウィルスがいっぱい含まれてる

・粘膜から侵入しやすい

ということです。


上で紹介した記事のように

トイレットペーパーの三角折りとか、

キスでうつるガンとか、、、、

体液・粘膜、要注意ってことです。



なので、口の中で増殖して体に入る歯周病菌は、

真っ先に対処したほうがいいですよ。

人間も、ワンちゃんも、猫ちゃんも。





0 件のコメント:

コメントを投稿